2018年2月5日〜19日
*6日(火)、13日(火)は休廊

10:00~18:00 (最終日は17:00まで)

<出品作家>

蛯子真理央、大山智子、設楽俊、傍島幹司、寺久保文宣、白田彩乃、福島唯史、山田真二、吉住裕美

 

「構成と色彩」の詩心

 「構成と色彩」というテーマは、「色と形」で詩を書こうとすること、「色と形」で作曲しようとすること、そして「色と形」が
歌うことを目指した「絵画」を描こうとすることです。それはまた、モダンアートの詩心(しごころ)でもあります。
 「構成」という語は、色々な意味で使われますが、ここではコンポジション(composition)の訳語としての「構成」を指します。
コンポジションには、文法・作曲の意味もあり、絵画・彫刻に使われ、文学・音楽・美術等の、つまり芸術表現における「骨組みある、
全ての要素の有機的関連性」と受け止めておいてくださればありがたいです。
「構成」とは芸術のα(アルファ)でありΩ(オメガ)であるのです。
 対象物に仮託した、言葉の無い、音の無い、音楽の絵画を目指した展覧会です。
                                     寺久保文宣(白日会常任委員、日展会員)

 

 

ebiko_2018ConP10_gr oyama_Stockholm10F_gr shitara_onthetableF10_gr

  蛯子真理央「コンフランの町」P10     大山智子「Stockholm」F10         設楽俊「卓上」F10

 

 

sobajima_kaiF10_gr terakubo_2018synphoniaP10_gr hakuta_flowerP10_gr

傍島幹司「シャコ貝とデミカップとルーペ」   寺久保文宣「シンフォニア」P10      白田彩乃「卓上の花」P10

                 F10

 

fukushima_tennis10P_gr yamada_F10_gr yoshizumi_flowerM10_gr

 福島唯史「テニスコートの風景」P10   山田真二「カランクとマルセイユ湾」F10    吉住裕美「窓辺の花」M10