2017年7月8日(土)~15日(土)

10:00~18:00(最終日は17:00まで)
*11日(火)は休廊

 

 

 

   「シンフォニア」 F10 2017 キャンバスに油彩

 

 

 

 ルノワールは、ドラクロワの「シオの虐殺」という甚だ凄惨かつ物騒な主題の絵を前にして、 「この絵は一つの花束だ」と語ったそうです。
 ここには、目に見える主題や場面事物を超えて、声の無い歌、音の無い曲が、美しい一つのまとまりになって 聴こえてくるかの如き趣が
あります。
 「絵画」を「花束」ならしめる、詩文法、作曲法は大変難しく、
古の洋画の先達が求め、悩み、挑んできたことでもあります。
私は自らの非力を省みずにそれらを求めつつ、彼らと共にありたいと
願っています。
                    寺久保文宣