増田昌弘

Masahiro MASUDA

漆のルーツであるアジア各地を回り、独自の研究を積み重ねてきた増田昌弘氏.
伝統技法をと現代の感覚を結びつけて生み出された作品は、華やかでありながら深い味わいがある.

日本工芸会正会員、日本文化財漆協会参事、漆工史学会会員

 

《略歴》

1940年
埼玉県川口市生まれ。川口市在住
1965年
東京藝術大学 工芸科 漆芸専攻 卒業
1967年
同大学院 美術研究科 工芸専門課程 漆芸専攻修了
修了制作「菱文飾筥」がサロン・ド・プランタン賞受賞(東京藝術大学美術館蔵)
第14回日本伝統工芸展に「菱華文八角箱」が初入選
埼玉県美術家協会展 県知事賞(68年県教育長賞、70年以降招待)
1968年
第8回伝統工芸新作展に初入選
1969年
第9回伝統工芸新作展で「錦塗八角盆」が優秀賞(東京支部賞)
1970年
日本工芸会正会員となる
1973年
第13回展 「乾漆菜々子文八角盛器」奨励賞受賞
1974年
川口市展に出品(以後度々出品。77年以降招待)
1978年
西村公朝主催〈ほとけの造形展〉に出品
(以後度々出品)
1979年
第1回日本文化財漆協会漆芸展に出品
(以後度々出品)
1984年
Los Angeles Art Exhibition
(Silver Prize・博物館長銅賞)
1997年
第9回伝統工芸新作展で「錦塗八角盆」が優秀賞(東京支部賞)
2006年
中日現代国際美術展(中国美術学院)で九渓煙樹賞.
和の宝珠展(ウランバートル和の宝珠美術館)で和の芸術天空賞受賞
2007年
The All of OASIS 2007 で大阪府知事賞
モスクワ国際芸術博覧会でモスクワ文化遺産至宝賞受賞

 

87年より毎年、韓国・台湾・中国・ベトナム・ミャンマー・
ブータンの各地を訪れ、漆芸源流調査を行う.

金漆の研究・変り塗りの研究の実績が高く評価されている.

その他、受賞歴、展覧会出品、個展、グループ展多数


《当画廊での展覧会歴》

個展

2012年5月
増田昌弘ー漆の世界展ー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*作品の在廊状況、価格等はお気軽にお問い合わせください