市村 緑郎

Rokuro ICHIMURA

作家の思想が昇華された、芯の強い、無駄のない人間像。
「徹すること」「燃えること」 を信条とし、40年以上教育にも情熱を注いだ 日本の美術史に残る彫刻家。

《略歴》

日本藝術院会員、日展 常務理事、
日本彫刻会常務理事、白日会 常任委員

 

1936年
茨城県下妻市に生まれる
1961年
日展初入選(78・79年特選 94年会員賞
 03年内閣総理大臣賞)
1962年
東京教育大学教育学部芸術学科彫塑専攻卒業
白日展白日賞(88年吉田賞 95年長島美術館長賞 02年中沢賞)
1974年
日彫展努力賞(77年日彫賞)
1982年
第2回高村光太郎大賞展佳作賞(84年佳作賞)
1983年
埼玉大学教授(02年 名誉教授)
1986年
第1回ロダン大賞展優秀賞
(88年彫刻の森美術館賞)
2005年
さいたま市文化賞 埼玉文化賞
2006年
日本芸術院賞(第37回日展「間」)
2008年
日本芸術院会員
2009年
下妻市市民栄誉賞
2014年
死去(78歳)正四位 旭日中綬章

《当画廊での展覧会歴》

 

 

2013年6月
「二人の芸術院会員展 市村緑郎と塗師祥一郎」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*作品の在廊状況、価格等はお気軽にお問い合わせください

 

 

*紹介文、括弧内は「市村禄郎作品集」(求龍堂) より抜粋