上村松園

Shoen Uemura

(略暦)

1875年
京都市に生まれる 本名津禰(つね)
1887年
京都府画学校に入学 鈴木松年に師事する
1888年
鈴木松年の京都府画学校退職にともない同校を退学する
正式に松年に師事する
1890年
第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品。
同作品が、来日中の英国コンノート殿下の買上げとなり、評判になる
1893年
幸野楳嶺門に移る
1895年
幸野楳嶺死去
竹内栖鳳に師事する
1900年
第9回日本絵画協会・日本美術院連合共進会に出品
銀牌をうけ、画壇での地位を固める
1902年
嗣子信太郎(松篁)生まれる
1910年
第10回毘画会の審査員となる(大正3年14回展まで続ける)
1916年
第10回文展に出品 文展永久無鑑査となる
1924年
帝展の審査員となる
1934年
第15回帝展に出品 帝展参与となる
1937年
皇太后御用画「雪月花」完成
1940年
ニューヨーク万国博覧会に出品
1941年
帝国芸術院会員となる
1943年
第6回新文展の審査員をつとめる
六合書院より随筆集「青眉抄」出版
1944年
帝室技芸員となる
1946年
第1回日展の審査員をつとめる
1948年
文化勲章を受賞
1949年
逝去 享年74歳
従四位 寿慶院釈尼松園