渡邊武夫

Takeo WATANABE

若くして傑出した人物画の才能を開花させ、確固たる地位を築いた後、風景画に転じた. 氏が残した武蔵野の風景画からは、湿潤な空気感とおだやかな冷たさの中のぬくもりが伝わってくる.

日本藝術院会員、日展顧問、光風会名誉会長

 

《略暦》

1916年
東京本所区(現墨田区)に生まれる
1933年
小林萬吾の主宰する同舟舎に通う
1934年
埼玉県立浦和中学校(現浦和高校)卒業
東京美術学校(現東京藝術大学)油学科予科に入学
1935年
同校油画科本科に進級し、南薫造教室に学ぶ。
寺内萬治郎に師事
1944年
光風会会員になる
1947年
東京美術学校講師となる(~51年)
日展出品 依嘱となる
1951年
埼玉大学教育学部美術科講師となる
1955年
フランスに私費留学する(~56年)
1974年
第6回日展に出品の『カァニュ好日』が内閣総理大臣賞受賞
1985年
『シャンパアニュの丘』で第41回日本芸術院賞受賞
日展理事に就任。紺綬褒章を受章。
第1回浦和市文化栄誉賞受賞
1988年
日本芸術院会員となる
1990年
埼玉県美術協会会長に就任(~96年)
1998年
浦和市名誉市民となる。勲三等瑞宝章を受章
2000年
光風会名誉会長に就任
2003年
逝去

《当画廊での展覧会歴》

企画展

2008年
「埼玉近代洋画の系譜展 PartⅣ」
2006年
「埼玉近代洋画の系譜展 ParⅢ」
2005年
「埼玉近代洋画の系譜展 PartⅡ」
2004年
「埼玉近代洋画の系譜展 PartⅠ」

                       他

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*作品の在廊状況、価格等はお気軽にお問い合わせください