2020.9.13(日)~19(土)

10:30~18:00 会期中無休

 

【夕立のあと】
すさまじい夕立だった。
いま、あの豪雨が夢であったように思えるほど、青空が眩しい。
コロナ禍と記録破りの猛暑ため、遠方には出ないで、庭と近所の散歩が私の世界だ。うちの周囲では、世界は何も変わらない。庭のすぐそばまでうさぎが来た。蓮の花が綺麗に咲いた。メダカが卵を抱いている。ヒグラシが鳴き始めた。川で時折カワセミを見る。いつもと同じ平和な毎日。液晶画面だけが不安と恐怖を部屋の中に流し込んでくる。
夕立のあとの空にくっきり掛かった虹を思い出していると、愛犬が頬を舐めてきた。さて、制作を始めようか。
                                            吉岡正人

 

 

「丘からの眺め」F5/テンペラ・油彩    「夕立のあと」F20/テンペラ・油彩    「赤い館」 F5/テンペラ・油彩

 

  「冷たい朝」SM/テンペラ・油彩   「輝ける朝」 0号/テンペラ・油彩・金箔  「カメオの女」 F4/テンペラ・油彩

 

 「朝の光」F4/テンペラ・油彩・金箔


埼玉大学名誉教授、日本大学非常勤講師、早稲田大学非常勤講師、一般社団法人二紀会理事
1953年大阪府生まれ。武蔵野美術大学卒業。筑波大学大学院修了。