バルテュス

Balthus

20世紀ヨーロッパ美術界のどの流派にも属さず、独自の具象絵画の世界を築き上げた、ピカソ曰く「20世紀最後の巨匠」
作家自身「この上なく完璧な美の象徴」と表現した少女をモティーフとする代表作をはじめ、
神秘的で緊張感のある作品は今もなお世界中の人々に愛され続ける

《略暦》

1908年
パリに生まれる(本名バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ).父は、画家・美術史家のエリック・クロソフスキー(1875-1964).(ドイツ国籍)
1914年
第一次世界大戦の勃発により一家でベルリンへ移住
1917年
両親の別居。11月から母とジュネーヴに移住
1920年
中国の文化に熱中する。母の恋人リルケの為に荘子の生涯の逸話を彩る挿絵を制作し、中国風の小説を執筆する
1922年
27年まで芸術家マルグリット・ベイの助手を務める
1924年
グランド・ショミエールに自由聴講生として通う。ボナールやモーリス・ドニに素描を見せる
1928年
2-9月チューリッヒに滞在
1929年
初めての展覧会(フェルター画廊、チューリッヒ)
1930年
10月から31年12月までモロッコにて兵役
1933年
ドラン、ジャコメッティらと親交を持つ
1934年
ピカソがバルテュスを訪問。4月、ピエール画廊で最初の個展
1937年
アントワネット・ド・ヴァトヴァルと結婚(46年別居)
1938年
NYのピエール・マティス画廊で最初の個展
1939年
第二次世界大戦勃発により9月に動員されアルザスに送られるが、負傷して12月にパリに帰還
1941年
ピカソがピエール・コルから《ブランシャール家の子どもたち》を購入
1943年
ジュネーブのモース画廊で個展
1953年
パリを離れ、蒐集家や画商たちの援助によりブルゴーニュ地方のシャシーの城館に移り住む
1954年
義理の姪フレデリック・ティゾンがやって来て、62年までともに暮らす
1956年
ニューヨーク近代美術館で展覧会
ジャコメッティ、マティスの訪問を受ける
1961年
ローマにあるヴィラ・メディチのアカデミー・ド・フランス館長に任命される.同館の建物の修復に着手
1962年
パリでの日本古美術展(「日本美術の彼岸」展、1963年、プティ・パレ)の準備のため、初来日。以後、作品に日本の浮世絵の影響が度々現れる
1967年
出田節子と結婚。二度目の来日
1983年
3度目の来日。皇太子同妃両殿下のご接見。
パリ国立近代美術館で回顧展
1984年
ニューヨーク・メトロポリタン美術館、京都市美術館で回顧展。荒木経惟が「バルテュスの夏」展を開催(大阪)
1991年
第3回高松宮殿下記念世界文化賞受賞
1993年
ローザンヌ州立美術館で展覧会
篠山紀信が写真集「Balthusバルテュス」を刊行
東京ステーションギャラリーで回顧展
1995年
香港、北京、台北で回顧展
1997年
メルシャン軽井沢美術館で「バルテュスとジャコメッティ」展
1998年
出光美術館で「アンドレ・マルローとフランス画壇の12人の巨匠たち」展
2001年
ロシニエールのグラン・シャレにて死去(享年92歳)

*作品の在廊状況、価格等はお気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(参考文献)
「バルテュス展」2014年図録
(NHK NHKプロモーション 朝日新聞社)