JR川口駅東口デッキ直結 TEL:048-271-5088

OPEN: 10:30 - 18:00

日・祝・月定休(展覧会中は不定休)

e-mail

2021年7月17日(土)~24日(土)
*休廊19日(月)

AM10:00-PM5:30 (最終日PM5:00まで)

 写真でしか見たことはありませんが、ペトログリフ(岩面彫刻)と呼ばれる、岩や洞窟の壁面に、鳥や牛、手形、はしごやジグザグ模様などを彫った跡があります。 ノルウェーやハワイ、日本にも残っていますが、先史時代、自然と一体となり、霊的なものとともに生きたひとびとが刻んだ絵です――伊津野雄二さんの作品にも、こうした原始の感覚を呼び起こすものがあります。

 明確な言葉にならないもの、見えない世界に手をのばし、水と、木と、土と、交感する。命を食べ、やがて私たちは一人残らず大きなところへと還る。そして祈りは、何千年と時が流れても、いつも人間の心の深い部分にあり続けました。

 困難な時代ですが、静かに燃える生命の息吹を、みなさまと共有できることを願っています。

                                                  竹内春香(埼玉画廊)

「風の道標」
2019-21年 榎 
h66×w40×d24(cm)
「breath」
2021年 楠 
h58×w18×d24(cm)
「野薊のころ《2》」
2020年 榎 
h60×w40×d29(cm)
「ドリームクラッカー」
2018年 松・カヤ 
h74×w25×d17(cm)
「ホーラ」
2021年 楠 
h53×w20×d16(cm)
「Days」
2021年 楠 
h55×w24×d20(cm)
「コロス」
2021年 トチ 
h20×w20×d6(cm)
「古楽譜S」
2011年 テラコッタ 
h17×w44(cm)
「コロス」
2021年 トチ 
h20×w19×d6(cm)
「そして今」
2018年 楠・キハダ 
h35×w28×d11(cm)
「風の音に」
2018年 ヒメコマツ 
h27.5×w14×d14(cm)
「ドリームクラッカー」
2019年 テラコッタ 
h24×w14×d9(cm)
「ドリームクラッカー」
2019年 テラコッタ 
h21×w12×d5.5(cm)
「春」
2019年 テラコッタ 
h18.5×w6×d5(cm)
「キュベレ」
2019年 テラコッタ 
h18×w5.5×d5(cm)
「森の入口」
2019年 テラコッタ 
h15×w5×d4(cm)
「花束」
テラコッタ 
h13×w3×d4(cm)

《略歴》

1948年 兵庫県生まれ/1969年 愛知県立芸術大学美術学部彫刻科中退

1975年 知多工房として個展 (~’88年)

《彫刻個展》

1997年 豊田市美術館ギャラリー(愛知)/1998年 煥乎堂ギャラリィ(群馬)

2000年〜名古屋画廊(愛知)/2001年~ギャラリー椿(東京)

2004年 日本橋髙島屋(東京)/2008年〜新潟絵屋(新潟)

2009年〜ギャラリー島田(兵庫)/2017年 東御市梅野記念絵画館(長野)

2019年 埼玉画廊/2020年 玄羅アート(石川)