2011年12月3日(土)~9日(金)

時間:10:00 - 18:00

 

 

川口市で生まれ育った遊馬賢一氏が、初めて故郷で開催する個展である。

 

「ずっと観ていると良さが伝わってくる。深い絵ですね」
そう言って、氏の絵の前で長い時間立ち止まる人が多い。

 

要約され単純化した画面構成と、独自の卓越した色彩感覚は、
遊馬芸術の根幹をなすものだ。
風景画からは、その場所の空気感までもが感じられる。
だからこそ、「ずっと見ていたい絵」となる。
そして、絵の奥から、氏の穏やかで温かい人間性が見えてくるようだ。

 


 

SMから50号まで、20点ほどの作品を展示しております。
川口の風景を描いた作品も多くございます。
ぜひ、足をお運びください。

 

2011年12月3日(土)~9日(金)  会期中無休
am10:00~pm6:00  (最終日は、pm5:00まで)
会場   埼玉画廊  (そごう川口 5F)