2011年6月26日(日)~7月2日(土)

AM10:00~PM6:00 (最終日PM5:00まで)

 

今から12年前、黒澤 正氏に初個展をしていただいた。以来、長い人間的なお付き合いをさせていただいている。
いつも謙虚で控え目ながら、絵に対する情熱と真摯な姿勢は作風にも反映され、精神性の高い作品を発表し続けている。今回初めて、地元、川口の花「一輪草」や「山茶花」にも挑戦された。
絵に専念したいというかねてからの希望で、今年三月に川口市美術家協会会長を退任された氏の力作を多くの皆様にご高覧いただきたいと願っている。

 


黒澤 正 略歴

1938年埼玉県秩父郡両神村生まれ。
1962年に東京芸術大学美術部絵画科日本画科卒業。
1972年に今野忠一氏に師事し、1995年日本美術院特待に推挙される。院展での受賞歴5回。
1994年に埼玉県文化奨励賞、1995年に川口市芸術奨励賞を受賞。
現在、日本美術院特待