JR川口駅東口デッキ直結 TEL:048-271-5088

OPEN: 10:30 - 18:00

日・祝・月定休(展覧会中は不定休)

e-mail

10Hから10Bまでの22段階の濃淡の鉛筆を駆使し、人間の命、魂に迫る。
これまでの代表作は最後の瞽女と言われる小林ハル、谷崎潤一郎『痴人の愛』モデルの和嶋セイ、
元ハンセン病の詩人・桜井哲人をモデルとする作品など。

《略暦》

 

1947
富山市に生まれる
彫刻家・木内克や洋画家・麻生三郎らに指導を受ける
1964
クレヨン画「起つ」が自由美術協会展入選(東京都美術館)。富山県史上最年少の入選。
1969
評論家・瀧口修造氏、72年洲之内徹氏らと知遇を得る
1981
ニューヨークに渡り、荒川修作と出会う。帰国後、鉛筆画を本格的に始める

 

 

《パブリックコレクション》

国立国際美術館、福岡市美術館、神奈川県立美術館、新潟県立近代美術館、宮城県立美術館、平塚市美術館、沖縄県立美術館、目黒区美術館 他10数館

《当画廊での展覧会歴》

2020年11月21日〜28日木下晋展ーいのちに触れるー

 

 

《出版物》

「生の深い淵からーペンシルワーク」(里文出版)2002

絵本「ハルばぁちゃんの手」(福音書店)2005

画文集「祈りの心」(求龍堂)2012

絵本「はじめての旅」(福音書店)2013

絵本「森のパンダ」(講談社)2017

「いのちを刻む 鉛筆画家の奇才、木下晋自伝」(藤原書店)2019

 

 

 

*作品の在廊状況、価格等はお気軽にお問い合わせください